マウスの右クリック、左クリック


右クリックとは、マウスの右ボタンを押すこと。表示画面の上で右クリックすると状況に応じたメニューが表示されるようになっています。それがコンテクストメニューと言います。

Mac例:画面の上で右クリックするとでてくるコンテクストメニュー。今このブログの上でもカーソルを見て右クリックしてみてください。カーソルと画面上で動いているマークです。

左クリックとはマウスの左ボタンを押すこと。下記の画像で説明すると、メルカリの検索窓を”選択”してください(選択=左クリック)、ログインを”押して”ください」(押す=左クリック)

頭で覚えるより感覚で覚えていけるので、この辺は考えるとややこしいので、ネットを触ることで慣れていきましょう。YouTubeを見るでもいいですし、電脳せどりのリサーチをやってみるのが一番いいですね。

リサーチ作業で大切なシュートカットキーを使ったコピー、ペースト(貼り付け)の練習をしてください。
Windows
コピー:「Ctrl」キーを押しながら「C」
貼り付け:「Ctrl」キーを押しながら「V」

Mac
コピー:「Command」キーを押しながら「C」
貼り付け:「Command」キーを押しながら「V」

参考:コピー、ペースト練習

パソコンのボタンを押して文字を入力する

パソコンのボタンを押して文字を入力する練習をしていきましょう。パソコンのボタンを押して打つことをタイピングと言います。僕の場合はやりながら覚えていった感じですね。

最初はローマ字もわからなかったのでChatWorkのメッセージはケータイで書いてました。それでもブログを書くようになってだんだん慣れてきて今ではパソコンの方がメッセージを書きやすくなっています。

基本的にどの指でどこのボタンを押すというルールがあるのですが僕の場合デタラメに覚えてしまいました。汗

こちらのサイトを参考にして練習してくださいね。人生一生勉強!!
参考:ひよこでも出来るタイピング練習講座

新しいことにチャレンジすることって最高に楽しい!!

僕の場合は環境の変化や、わからないことにチャレンジすることをすごく面倒くさいことだと思っていました。

僕の仕事はトラックドライバーや倉庫の商品管理をしてましたが上司がいちいち変えてくる配送コース、やり方の変更に極度のストレスを抱えていました。「いちいちやり方変えるなよ・・めんどくせーな・・」

人に指図されるのが嫌だったから、勝手に変えられる変化がストレスだったんですね。そんなに人の言うことを聞くのが嫌だったらなぜ、その環境を自分で変えようとしなかったのか?それは「思考停止」していたからです。

飛べなくなったバッタ


カゴの中のバッタって知っていますか?カゴに入る前のバッタは自由にどこでもいけるし、とても高く飛べます。しかし捕まってカゴに入れられると最初は天井にぶつかっていますがそのうち天井の高さに慣れてしまい、「ここまでしか飛べない」と自分で認識してしまい、急に外に出しても高く飛べなくなっているのです。

僕もそうなっていたんでしょうね。「自分は社長になれない・・・」「自分では何もできないと」思考停止になっていました。

なんで思考停止になってしまったのか?ちょうど不景気で会社が潰れていく中で「仕事があるだけ幸せなのよ。」とパートさんの口癖を聞いていてそれに影響されてしまいました。

社長=今の時代そんなに簡単にできない。大変なこと。

もっと思い出してみると、僕の社長はいつも悩んでいたり、変にテンションが高かったり、お酒で普段の心配事、ストレスを発散しているように感じていました。

そんな社長を見て「社長って大変なんだ。」こんな大変で不安なことをしているのに僕たちに給料をくれる。俺は文句を言わないで一所懸命働かないといけないんだ。人生そんなに甘くないと考えてしまっていたのです。

自分の思考に限界を作ってしまうとそこから伸びないってこと。

結論を申しますと、過去の自分はネガティブだったのかなぁ、、、今は新しいことにチャレンジしたくて普通の人が苦しいことが楽しくてワクワクしています。子供のように怖いもの知らずで大人が心配しちゃうくらいなんでもチャレンジしていきましょうよ。あなたも早くカゴから脱出して人生楽しんで行きましょうね!!!