金子隆祐金子隆祐

はい、どーも金子です。
今回は割賦販売法(かっぷはんばいほう)について説明していきます。

最近、Amazonから割賦販売法にて義務付けられている情報の提供をしてくれといきなりAmazonからメールが来たんですけどこれはなんですか?詐欺ですか?っていう問い合わせが来ました。

結論を先にいうと支持に従って情報の提供をしてください。

メールの内容ですが、読み上げると
「いつもAmazon出品サービスのご利用、誠にありがとうございます。
本メールは以前お願いした割賦販売法にて義務付けられている情報の提供が確認出来ていない出品者様にお送りしています。ご入力をいただけない場合、販売が継続できなくなるおそれもございますので、早急にご対応よろしくお願いいたします。

このようなメールが届いたそうです。

以前にメールなんて来たかな?という人もいました。

いきなりこんなメールがきてもなんか怖いですよね。割賦販売って意味わからないし、なんか漢字が怖いし…

アマゾン販売の僕たちはこんなメールが来たんですけど店舗で商売してる人たちもなんだか新しいルールができたみたいでお客さんのポイントカードとかクレジットカードは触れずにお客さんに操作してもらうルールができたようです。

コンビニなんかはもう自分でクレジットカードを差し込むじゃないですか。最近は覚えたので言われなくてもクレジットカードでお願いしますって言ってから差し込む。楽ですよね。

今日スーパーのマルエツ行ったら突然ポイントカードの扱いもお客さんになっていました。お客さんが覚えるまで全員に説明しないといけないのがとても大変だと思うんですけど。頑張ってください。これしか言えません…

割賦販売とはざっくり説明すると

分割払いが出来る販売方式のことです。僕のコンサルとか24回払いも用意してますよーというのが割賦販売といいます。

割賦販売法とは
日本の法律でクレジットカード決済のトラブルを防止するための決まりごとです。

割賦販売法でクレジットカード会社が加盟店(僕たちのお店)の情報を収集・審査する必要があります。

審査内容は開示されててないので僕たちの情報を提示したところで何を調べるのかわからないんですけど支持に従って情報提供してください。

今回は以上です。

他になにか知りたいことがあれば気軽にコメントください。
今回の動画が参考になったら高評価お願いします。YouTubeではもらった質問の回答をこのように動画でアップしています。チャンネル登録もしてチェックしてください。
もっと電脳せどりを詳しく知りたい場合は電脳せどりで10万円稼ぐ方法ウェブセミナーを開催してますので是非参考にしてください。動画下の説明欄に詳細を載せてますのでそちらから申し込みしてください。それではまた

電脳せどりウェブセミナー