2017年プライムデー

Amazon仕入れ、Amazon売りで稼いで売る人達がいるので
この日はかなり熱かったじゃないかなって思います。
Amazon売だとライバルがいっぱいいるのでフリマアプリ、ヤフオク無在庫の販売が熱かったみたいです。

昨年僕は試しにAmazon仕入れ、Amazon販売をやってみましたが失敗、、、

みんな同じことを考えているので一気に価格競争。
Amazonも価格をすぐに戻さずセール価格でいつまでも売っているので価格差があまり取れず。
赤字は免れましたが、利益はとんとんくらいでした。
そんなことでまた懲りずに今年もお試し程度にやってみました。
振り返ると圧倒的に勉強不足でした。汗

結果報告の前にプライムデーせどりのメリット、デメリット

メリット
・簡単に価格差が見つかる
・電脳せどりなので店舗せどりより簡単、自宅で完結
・フリマアプリ、ヤフオクに無在庫販売出来るチャンスがある

デメリット
・気を付けないと簡単すぎて飽和する
・プライムデーが終わっても価格が元に戻らない場合がある
・時間制限があるのでゆっくりリサーチできない

ざっとこんな感じですが無在庫販売なんかは、やり方次第でかなり儲かりそうですね。
簡単すぎてみんな同じことをしているので少し工夫が必要です。
他の媒体に無在庫で売ってみたり、誰よりも早く仕入れた商品を販売できるか、
仕入れてたら、自己発送で販売してすぐに売るなどしないとライバルがFBAに入れたタイミングで価格競争が始まります。

仕入れ商品

今年は米国仕入れをしてみました\(^o^)/
なんだよ、米国かよって思うかもしれませんがリサーチ方法は同じなので参考にしてください。

アメリカの商品

日本では29000円〜36000円で売られています。

僕は今回20台購入しました。関税、送料を考えるとあまり儲かりませんが、後はFBAに入れて売れるのを待つだけですので日給で考えるとまぁまぁかなって感じです。少なく見積もっても利益3万円くらいかな。
これだけで月収100万円ペースですね。

この商品は通常$199だったのがプライムデーで→$159.20になっていました。
僕がこの商品を見つけたリサーチ方法は簡単なのであなたにお伝えします。

プライムデー商品を見てASINもしくは商品名をモノレートで検索して価格差のある商品を仕入ていきました。
ASINもしくは商品名をコピー

モノレートにペースト、検索

(モノゾンの数字は反映されていませんが、こちらの商品はかなり売れています。)

このように価格差を見つけていきます。宝探しと同じでドキドキしますよ!

商品の型番、ASINをコピーしてモノレートでペースト検索。
日本、海外のAmazonもリサーチ方法は一緒なので

ぜひあなたも次回チャレンジしてみてください\(^o^)/

スポンサーリンク