どーも金子です。

仕入先は主にヤフオク!ですが他にもメルカリ、ラクマと仕入れ先は幅広いです。

最大の仕入先はヤフオク!になります。基本的な考え方はヤフオクでは不用品販売、または起業の不良在庫販売が多いです。もちろん商売でヤフオクの媒体を使っている業者もいますが、ヤフオクで安く仕入れてAmazonで定額で販売する感覚です。

では、なぜヤフオクで販売している出品者はなぜ、Amazonで販売しないのか疑問が出てきます。別記事でも書きましたがこちらでもビジネスモデルをしっかりと理解してもらうために書込みいたします。

なぜ価格差が発生するのか疑問に思う方が居ると思います。これに関しては色々な角度からの見方があるのですが、

僕の見解を書いていきます。ヤフオクと言うサイトは松ぼっくりでも売れてる、アサガオの種から一戸建てまで出品されています。一般的には個人の不用品販売、起業の不良在庫です。もちろんそれ以外もありますが比較的多いと考えてください。

そしてAmazonの販売力は凄まじく、モノレートを見て分析していきますが、実際に販売してみると販売力の凄さが直ぐに分かります。お客様がいっぱいいるのでAmazonではその商品が欲しい人が定額で買っていきます。

なのでヤフオクで安く仕入れてAmazonで欲しい人に定額で売ると言うイメージになります。

ヤフオク、Amazonの客層で利ざやを取りに行く考えです。

では、なんでヤフオクで出品している人はAmazonで出品しないのか?

Amazonで買っている人はヤフオクを見ないのか?と疑問を持つ方が居ると思います。

それは、単純に買い方、売り方を知らないだけです。実際あなたもこのヤフオクで仕入れてAmazonで売って利ざやを取れる販売方法を知らなかったと思います。

本当に簡単にヤフオクは不用品販売の媒体、Amazonはなんでも売っている購入者向けの媒体、客層の違いで利ざやが取れるビジネスモデルになります。

あと、リサイクルショップは自分のショップをもって居るのでわざわざAmazon倉庫に商品を入れて販売しません。ここでからくりが一つあるのですがAmazon倉庫に入れる方法と自分の倉庫、家から出荷する自己発送と言う販売方法があります。

Amazon倉庫に入れる商品はプライム出荷可能商品で、Amazonで購入された事がある方はご存知かもしれませんが、次の日には到着してしまう鬼早い配送方法です。

このプライム出荷が圧倒的に強くAmazonのカートボックスをプライム出荷が独占して自己発送出品者が売れないという状態になります。プライム出荷者からみると自己発送はライバルではありません。

なのでAmazonの仕組みをあまりご存じない自己発送者はAmazonでは商品が売れないと考えているかもしれません。あくまで僕の見解ですが参考までに!

メルカリ、ラクマも同じように一般の方の不用品販売の媒体です。フリマアプリは電話番号だけあれば簡単に登録できる手軽さがあるため幅広い世代から人気をあつめています。