PDCAサイクルとは

最近、ソフトバンクの孫正義さんの高速PDCAを知ってあなたにも使っていただきたいと思って熱くなっていました。しかし、ある時、「高速PDCAってなんで回すんですか?」と聞かれて、答えられませんでした。汗

簡単に解釈致しますと、そんなに慌てないでもいいんじゃないですか?マイペースでやらせてください。

完全に勉強不足で知ったかをしていた空気になってしまいましたので、これはいかんと思い急いでググったわけです。

まずはPDCAを知らない方にPDCAの基本について解説して行きます。

P計画D実行C評価A改善
評価、改善が大事になっていきます。計画は電脳せどりで10万円稼ぐ事!D実行はリサーチしまくります。これは誰でも出来て、やらない人は稼げないことはわかりますよね。

ソフトバンク孫さんの高速PDCAとは

ポイントは目標をかなり明確にして一本道を作ります。

・大きな目標を立てる週、月単位、
・小さな目標を立てる、1日が原則
・目標を達成に有効な方法をリストアップ
・毎日、目標と結果の違いを検証する
・検証をもとに、毎日改善する
・一番優れた方法を明らかにする
・一番すぐれた方法を磨き上げる

1日目標を決めたら、達成できた◯達成できなかった✖️毎日結果を検証していきます。

これもできたら最強なことがわかると思いますが、先ほどの疑問簡単に解釈致しますと、そんなに慌てないでもいいんじゃないですか?マイペースでやらせてください。

汗。僕は本当にPDCAをわかってたのか、知ったかになっていたのかちょっと恥ずかしくなりました。僕の場合、毎日改善していけば成果も早いし、うまく成果が出ると思っていましたが、ちょっと考え方にズレがあると説明しづらくなります。

しっかり考えました、高速PDCAを回す理由

高速PDCAを回すことで超スピード結果を出せる「自分で考えて、時間をかけずに、予定通りの成果が出る」

結論から言いますと成果をより早く出すこと!

だからー、そんなに慌てないでもいいんじゃないですか?マイペースでやらせてください。と言われると思います。間違いありませんそう思う人はマイペースが一番。

僕はまだインターネットビジネスをやり始めて2年しかたっていませんが、ビジネスの変化は非常に早いのかなと感じます。

僕が見てもメルカリの規約変更でツールを使っていた手法が使えなくなったり、Amazonの規約変更に振り回されたりと、前は稼げたけど、今は変えげないってことが少しあります。

嫌味みたいになりますが、だらだらやっていても稼げないで終わるのです。

・P計画、目標を明確にする
・P計画D実行C評価A改善を回すことで作業効率化
・P計画D実行C評価A改善を回すことで目標に向かって行動していくためモチベーション低下を防ぐ
・高速P計画D実行C評価A改善を回すことで圧倒的なスピードで成果をあげられる。