Amazon Dash Buttonとは?

凄まじいスピードで進化を続けるAmazonの新たなサービス、「Amazon Dash Button」についてご紹介します。Amazon Dash Buttonとは、数センチの小さなボタンで、ぽちっと押すだけで特定の商品を注文することができるというものです。

一つのボタンに一つの商品が割り当てられており、一押しするだけでその商品が自身のAmazonアカウントを通じて発注され、自宅に届くというシステムです。

なぜ便利なの?
具体的な使い方を見てみましょう。例として洗剤の「アリエール」を挙げます。ボタンは基本的に500円でAmazon上にて販売されています。しかし、初回注文時に500円分割引される仕組みとなっているので、実質無料になります。

ボタンが届いたら、いつも洗剤を使う場所、例えば洗濯機に、ボタンを貼り付けます。いつもの家事をしている最中に、「あ、洗剤がもう少しで無くなりそうだ。」と思うことありますよね。

その時、普通なら明日の買い物の時に買い足そう、と考えますが、Amazon Dash Buttonがあれば一押しするだけで完了。日用品の買い忘れを防ぎます。

簡単に買い物できてちょっと心配

本当に大丈夫?と思うこと、便利なサービスですが、不安に思うこともあります。例えば「子供がボタンを連打してしまって、洗剤が30個も届いてしまった・・・」ということはないのか。

これについてはしっかりと対策がとられていて、一度注文すると一定時間注文を受け付けなくなる設定ができます。また、Amazonアカウントに紐付けられているため、注文をするとメールやプッシュ通知が届きます。

もし間違って注文してしまった場合は、通常のAmazon商品と同様にキャンセルすることが可能です。懸念点はしっかりと対策が考えられています。

どんな商品があるの?

ボタンのラインナップは、洗剤や水、歯磨き粉やオムツといった無くなると困る必需品を主としています。まさに買い忘れを防ぐためのサービス、という感じですね。

Amazonがこのサービスを扱うことの意味

AmazonがAmazon Dash Buttonを始めた狙いは、日用品分野に力を入れる狙いがあると考えられます。今まで、家電製品や書籍などの分野でAmazonはリアルの店舗を脅かしてきました。

それがいよいよスーパーなどの日用品を扱う店舗にまで戦いが広がることが予想できます。Amazonは「すべての商品を顧客に届ける」ということを理念に掲げており、それが遂に日用品に及ぶ段階に入ってきています。

進化を続けるAmazonに期待が高まると共に、従来Amazonのライバルではなかったスーパーなども、Amazonを無視できない状況にあることを念頭に置かなければならなくなってきています。