利益計算方法

しっかり、利益計算をして赤字商品を仕入れないように利益計算シミュレーターの使い方を覚えていきましょう。Amazon純正のシミュレーターがありますので使い方を説明していきます。

コスト:ヤフオク仕入れの場合

  • 商品代金
  • 消費税(ストア出品者の場合)
  • 自宅までの送料
  • FBA(Amazon倉庫)までの送料

契約をせずに個人での発送方法はヤマト運輸が一番安いです。詳しくは【電脳せどり】運送業者を比較してみた。何処が一番安いのか?

コストを引いて見込み利益を計算していきます。間違えてしまうと赤字になってしまいます注意してください。

↓動画で利益計算方法を確認する↓

FBA保管料もかかって来ますので一度目を通しておいてください。いろいろ考えてしまうと混乱しますので保管料はあまり深く考えなくても大丈夫なくらいです。

保管料は高回転で販売していけばそんなに掛かりませんので気にしないレベルで大丈夫です。

参考:在庫保管手数料シミュレータ

参考:FBA料金シミュレーター

大きなズレはありませんが大体の利益計算ですので参考程度にしてください。

Amazon利益計算の注意点

FBA料金シミュレーターを使った場合、出品手数料、FBA(Amazonから出荷)手数料に消費税は含まれていません。



トランザクション詳細から確認すると正確な販売手数料がわかります。