「Hitしませんでした」が熱い

Amazonでの在庫切れ商品はライバルが居ないためいち早く見つけることが出来れば独占販売に繋がります。その在庫切れ商品の探し方に付いて解説して行きます。※これかなり激アツ情報です。

基本のリサーチ、型番をコピーしてモノレートで検索していきますが、たまにモノレートが「Hitしませんでした」と出てきたことがあると思います。

この商品はAmazonで在庫切れをしている商品か、もしくは、商品登録がされてない商品になります。在庫切れ商品の場合は、かなり熱い商品になりますので、この商品のリサーチをここで辞めるのではなく次にやってほしいリサーチ方法があります。

【必殺】Googleで検索です。

Amazon画面からモノレートを見ていきます。このようにGoogleから商品ページを見つけることが出来ますのでここからモノレートで分析していきましょう。1ページ目にAmazonページが出てこない場合は商品ページが無いという解釈で問題ありません。

モノレートの見方
http://mirai1026.com/monorate/

このような商品は多くありますので、基本のリサーチがなれてきたら実践してください。

※注意が必要

在庫切れ商品の場合はモノレートのデータ量が少ないので、より細かい分析が必要になっていきます。ランキングが低かったりグラフの折れが少ない商品ですが売れている証拠を分析していきます。

・最安値、ランキンググラフをみて売れているか分析する
・ランキンググラフは変動があれば売れている

ここから更に分析して売れた証拠を見ていきます

ポイント
1、ランキングが上っている
2、出品者の減少
3、最安値の変動があるか(基本は最安値から売れていくので価格は上がっているか、在庫が切れると空欄になります。)

モノレートの分析は経験値が必要になっていきます。自分が立てた仮説を基準にどうやって売れていったか分析してください。わからない場合はお気楽に金子に聞いてください\(^o^)/

金子の失敗例。4年前に1個だけ売れたデータがあったのですが、さすがにデータ量が少なすぎて思うように売れませんでした、、、安易に仕入れした結果、5000円仕入れの9800円でやっと売れました。

100台位業者が抱え込んでいた不良在庫だったので39800円位で売れたらかなり儲かるぜーってワクワクしていましたが不発でした、、、最後は8900円くらいで販売して利益500円くらいで終了。笑

こんな経験は僕だけで十分ですんね。でもこの経験があったからこそモノレートの分析力が付いています。あなたは失敗しないようにカリキュラムを読んで下さいね\(^o^)/