金子隆祐金子隆祐

このようなことが起きないように、採用する前にメンバー(受注者)にお願いする3つのことについてご説明します。

  • クラウドワークス上で本人確認をしてもらう
  • 秘密保持契約を締結する
  • こちらの業務内容をしっかり理解しているか確認する

外注化クラウドワークス上の本人確認

本人確認書類提出とは、メンバーとクライアント双方の信頼性の向上とトラブルの防止を目的として、お客様がご本人であることを証明する書類を提出していただくことを指します。※確認が完了し、本人確認ステータスが変更されるまで最大5営業日程度いただく場合がございます。

本人確認をしている人は画像の赤枠のように「本人確認済」になります。

契約前にメンバーに本人確認の提出を求めましょう。個人の方が多いのでやり方も説明してあげるとスムーズです。

トップ画面のユーザー名をクリックすると以下の画像のようにプルダウンが出てきますので「プロフィールを編集」をクリック

「本人確認書類提出」をクリック

提出する書類の種別を決めてファイルを添付していただき「本人確認書類を提出」をクリック

外注化:本採用する前に秘密保持契約を締結する


相談・応募をクリックして、応募したメンバーの詳細をクリック

右下にある「秘密保持契約を締結する」をクリック

秘密保持契約の締結
以下の雛形を元に秘密保持契約を結ぶことができます(最後に、「特記事項」として任意の内容を追記することができます)
「秘密保持契約の同意リクエストを送信する」ボタンをクリックすると、同意リクエストが送信されます。相手が同意すると、秘密保持契約が有効になります。

「秘密保持契約」とは、あなたがもつ秘密情報(ノウハウやアカウント情報)を他社に開示する場合、その情報を秘密に保持してもらうために締結する契約で、情報を開示する前に締結するのが一般的ですので契約まで進んだメンバーに秘密保持契約の締結しましょう。

外注化:本採用する前にこちらの業務内容をしっかり理解しているか確認してください


仕事の詳細に記載しているはずですが、メンバーが見落としてる可能性があるので業務内容をしっかり伝えてください。

例)納品代行
1日1回定時に到着商品の確認をしてほしい。
フリマアプリ、ヤフオクの到着連絡を入れる(できたらマメに連絡できたほうが良い)