どーも金子です。土下座交渉とは、まとめ仕入れをするための交渉術です。
利益率を劇的に伸ばすヒントも隠されているのでぜひ参考にしてください。

コストをゴリゴリ下げてまとめ仕入れをしていきましょう

国内転売の仕組みはとてもシンプルです。日本で仕入れて、日本で販売する。
これだけです。

転売業界では、安く仕入れて高く売ると言われていますが
僕は違った考えでAmazonを販売媒体として事業をする場合、徹底的に安く仕入れて、
適切な価格で販売するこれを意識して仕入れ商品を探していって欲しいです。

まずは仕入れ商品を見つけて、次に分析して仕入れ基準に達しているか?
販売価格は適切か分析していきます。物販の原理原則は、利益=売上−コスト
これは変わりません。利益を最大化するために、売上の部分を大きくするか?
それともコストを徹底的に抑えていくか?色々な戦略があります。

では、実際に国内転売での必要コストを理解しましょう。

コストの下げ方

ヤフオク仕入れの場合
・商品代金
・消費税(ストア出品者の場合)
・自宅までの送料
これらの全てのコストを抑えていきましょう!!!

・商品代金
交渉をしましょう。
ヤフオクは質問からの交渉は規約上禁止みたいですが、まったく取り締まりはありませんので、
どんどんやてください。規約違反が嫌だと言う方にはオススメ出来ませんが、僕は一年間交渉
をして一度も問題になったことはありません。

もし、注意が来た場合は辞めればいいんです。質問で交渉することは法律違反ではないですし
いきなりアカウント停止にはなりません。

「出品者へ質問」

例)交渉テンプレート

初めまして
当方住所は東京ですが、送料込み◯◯円で即決出来ないでしょうか?

初めまして
こちらの商品ですが在庫ありましたらまとめて購入希望です。
弊社のイベントで大量にほしいのですが、購入出来ますでしょうか?

特にまとめ仕入れをする場合は複数在庫ありませんか?と質問するのが有効です。

・自宅までの送料
こちらもかなり下げることができます。例えば落札後の交渉で違う発送方法を選択して
もらいます。落札後の交渉は嫌がる方もいますが、小さな商品では定形外にしてもらうなど
して一気に送料を安くすることが可能です。ヤマトのらくらく家財急便はかなり高いので
通常のヤマト便に変更して貰うなど配送を変更してもらいましょう。定形外は補償が
ありませんが、商品紛失、故障はほぼありません。

このように発送方法を変えてもらうことでコストを抑えることが出来ます。
特に有効なノウハウは同梱仕入れで、複数在庫や別の商品が無いか確認してください。
商品を落札したら出品者の他の商品を仕入れることが出来ないか確認します。

出品者IDをクリックすると現在出品中の商品リストを確認できます。

単純に1つ仕入れた場合、送料は1000円だとします。もし落札した出品者から他の商品を
落札したり、複数在庫を持っていた場合1000円のコストをかなり下げることが出来ます同梱
できれば5個購入した場合1つ辺り200円まで送料を下げることが出来ます。

僕の経験で複数在庫購入する場合送料をサービスしてくれる人が多いです。
同梱商品を探すのは有効なコスト削減になります。

利益計算は以下でご確認ください。

Amazonの手数料(平均15%)
手数料一覧
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=1085246

FBA料金シュミレーター
https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP
平均17%くらいで考えておけば間違いないですがしっかりと把握しておいてください。

土下座交渉

実は僕が100万円を達成した方法になります。100%全てを公開したセミナーがありますので
ぜひ参考にしてください。昔の動画ですが今でも超絶稼げるノウハウです!!

セミナー動画→100万円稼いだ方法

動画→かんたん土下座交渉の仕方

動画はこのテンプレートをつかって交渉していきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初めまして
こちらの商品ですが在庫ありましたらまとめて購入希望です。
弊社のイベントで大量にほしいのですが、購入出来ますでしょうか?

こんな感じでつながることが出来れば仕入れも安定してきます

ザクザク行きましょう!

スポンサーリンク


私にできるかな?そんな心配いりません

あなたのそんな悩み、疑問、すべて解決できます。日本一わかりやすい転売のカリキュラム(成功者多数)無料でチャレンジしてみませんか?